これからの時期は、気をつけよう

このところ、雷が鳴って大雨が降ったかと思ったら、急によい天気になり、30度を超す真夏日になったりして・・・変な天気の毎日です。
湿度が高く、気温も高いので不快に感じる人がたくさんいると思います。
こういう時期は、「熱中症」になりやすいので気をつけましょう。
先日,部活から帰ってきた息子が、こんな症状でしたので、皆さんも十分に気をつけて下さい。
そもそも「熱中症」とは、体の中と外の暑さによって起こる体の不調の事を言います。
症状には、段階があるようですが、次の症状が起こってきたら対処を要します。
 
1.足やその他筋肉の痙攣、呼吸数の増加
  顔色が悪くなる。(軽度の熱中症)
 
2.頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、血圧低下
  (中度の熱中症)
 
3.意識障害、過呼吸、ショック症状
  (重度の熱中症)
 
 などになります。
 とにかく脱水症状が、熱中症の要因となるので、 汗をかいた分、必ず水分補強をしましよう。
 塩分と糖分が入っているスポーツ飲料が 真水やお茶よりもいいそうです。
 
 また、応急処置としては、
・すずしい処で衣服を緩める。
・体を冷やす。
・氷やアイスノンで、太い血管のある 脇、首、足の付け根、股の間を冷やす。
 
 意識障害がある場合は、救急車を呼んで 病院へ運ぶことが先決です。
 
(インターネットの熱中症の予防 症状 応急処置より)
お互い、日々気をつけて生活して行きましょう。