計画道路が見直しされています。

新入社員のTです。
本日は都市計画道路についてお知らせ致します。
都市計画道路とは、都市の骨格を形成し、安全で安心な市民生活と機能的な都市活動を確保する、都市交通における最も基幹的な都市施設であり、都市計画法の手続きを経て、定められた道路です。
本来、道路の幅は車がすれ違う際に安全な4mが最低でも必要とされています。
しかし、実際は車がすれ違うのに大変な狭い道などが見受けられます。
そのような道路ばかりでは危険ですし、緊急車両も困ります。なので、広くて安全な道路を整備しようと計画されたのが、都市計画道路です。
私がお伺いしているお客様のお土地にそんな都市計画道路が通るという事でしたので、浜松市役所で確認してきました。
そのお土地には昭和37年以前からの道路計画が確かにありました。
しかし、現在浜松市の都市計画道路について見直しが行われているそうです。
なので、正式に発表がありましたらご報告させていただきます。
今年度末にはその見直しの結果が公表されるそうなので、もしかしたら、皆様の近くにある計画がなくなるかもしれません。
現在、ご自分のお土地に計画道路が通るかお知りになりたい方はご連絡ください。
次回はそんな道路計画があると土地に対してどんな規制がかかるかお知らせ致します。