コウノトリの郷公園

DSC00069.JPG
コウノトリは赤ちゃんを運んでくる幸せの鳥として西洋の童話で子供の頃から親しまれています。そんなコウノトリも開発に伴う日本の自然環境の激変や、農薬の使用など農業方法の転換に伴うエサの激減とともに、昭和の中ごろ絶滅の危機に瀕して、1971年ついに姿をけしてしまいました。
そんなコウノトリも最後に姿が確認された兵庫県豊岡市のコウノトリの郷公園が保護・飼育・増殖、野生化に向けての研究、環境づくりなど多様な事業に取り組んでいくこととしています。
コウノトリの郷公園で元気に暮らすコウノトリを目にした時は感動を覚えました。コウノトリが暮らすことができるような環境整備をするには大変なことです。自然との共生ができてこそコウノトリは幸せを運んでくれるのです。
KONOIKEのマンションにはシンボルマークとしてコウノトリが壁にいます。そんなコウノトリをもっともっと増殖させていくことを目指していきます。
コウノトリが大空にたくさん羽ばたいていけば日本の少子化に歯止めがかかるのかも知れません。
DSC00077.JPG