紅 葉 狩 り

先日、結構有名なTVコマーシャルで、京都の「紅葉」の
画面が出てきて、「本当に京都の紅葉はきれいだな。」と思わず
口に出して言っていました。
TV画面であれだけ感激させられるのだから、きっと現地で実物を
見たらすごく感動させられるのだろうなと思います。
 
今回は、この時期にちなんで( 紅 葉 狩 り )について少し触れてみたいと思います。
皆さんは、(紅葉狩り)をされますか。
山に登るのが好きな方は、この時期(紅葉狩り)が楽しみの一つではないかと思います。
(紅葉)の名所も、全国たくさんあると思いますが、やはり ”日光”・”京都市内”が、
全国的には有名です。
 
(紅葉)をめでる習慣は、平安の頃の風流から始まったらしく、京都ではこの為たくさんの
「落葉樹」が植樹されたのだそうです。
そもそも(紅葉狩り)とは、草木を眺めることを意味しておりますが、
平安時代は、実際に紅葉した木の枝を手折(狩り)して、手のひらのうえで鑑賞する
事をしていたのだそうです。
 
(紅葉)の時期は、9月頃から北海道大雪山を皮切りに、徐々に南下して行きます。
これも「紅葉前線」と呼ばれていますが、
北海道は10月、東北地方は11月、その他の地域は、11月から12月にかけて
一番見頃になります。
 
紅葉が進行する条件というものもありまして、1日の最低気温が10度c以下の日が続くくと
色づき始め、さらに5度c以下になると一気に進むそうです。
 
美しい紅葉になるには、
「昼夜の気温の差が大きい。」
「夏が暑く日照時間が長い。」
「夏に充分な雨が降る。」
「湿気が少なく乾燥している。」
といった条件を満たすことが必要です。
 
静岡県内でも、(紅葉狩り)で有名なスポットまありますので
行かれてみてはいかがでしょうか。