アキシツ×リノベーション=ECO

時代は”エコ”が大きなキーワードになっていますね。
私も食べ物を残さないことで日々エコに貢献しておりますが皆様はいかがでしょうか。
さて、そんな時代の中、KONOIKEでは新しい取り組みを始めました。
マンションをご所有のオーナー様、空室でお困りのオーナー様に是非知っていただきたい商品、
【アキリノGSS 】です
目的は、単にお部屋のリノベーションをすることでも空室をサブリースさせていただくことでもございません。
ズバリ、オーナー様の大切なご資産の 「蘇生!」「再生!」「よみがえらせ!」のお手伝いです。
今回はその手段の一つ、「アキリノGSS」の一端をご紹介させていただきます。
RC(鉄筋コンクリート)マンションの法定耐用年数は47年です。
木造の建物は22年ですからその倍以上ですね。
ちなみにパソコンの耐用年数は4年です。
(※耐用年数とは減価償却計算のために便宜上定められた年数になります。
ですから木造の建物に23年目以降住めなくなってしまうとか、パソコンが5年目に壊れてしまう
というわけではありません。一般的に経済的減価もあるため物理的年数より
短く設定されている場合が多いようです。)
RC(鉄筋コンクリート)マンションは適切な維持管理をしていただくことで
長い期間資産運用が出来る効率的な建物です。
しかし車と同じで定期点検、維持管理を怠ると燃費が悪いまま走り続けるか
短期間でその役目を終えることになってしまいます。
特に長い賃貸経営においてはタイミングを逸することで
その後の20年の運用を大きく左右することになります。
「アキリノGSS」ではRC(鉄筋コンクリート)造のしっかりとした躯体を活かし
現在の入居者ニーズに合った住まい手目線の気配りを施し、
お部屋を今まで以上に魅力的な空間へリニューアル、そして
KONOIKEオリジナルのサブリースシステム『GSS』を適用いたします。
(もちろんその後の管理もお任せいただきます。)
単に2DKを1LDKに、3DKを2LDKに間取りを変更するだけではない
KONOIKEならではのリノベーションです。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
※ご相談の内容によっては必ずしもリノベーションが必要ではないケース(募集・管理形態を見直すなど)
もございますので、まずはお気軽にご相談願います。