師走

朝の冷え込みのせいで、布団から出るのがつらい季節になりました。
寒くなると朝起きるのがつらいのは、私たちの体が日照時間や気温の変化で
冬を感知して、エネルギー消費を減らし温存する、動物でいう「冬眠」に
似た体質に変化するためと考えられているそうです。
だからといって、いつまでも布団の中にいるわけにもいかないですし、
会社への遅刻は避けたいものですね。
寒い冬の朝にスッキリ目覚めるためには、朝起きたら布団の中でストレッチ
をする、手足を動かす、手のひらのツボを刺激する、カーテンを少しだけ
あけておき目覚めに日光を浴びることなどが良いようです。
夜も就寝を早め、睡眠時間を長くすれば、電気やガス等のエネルギー使用も
抑えられ、気持ちの良い目覚めと地球温暖化防止=エコに繋がりますね!