除夜の鐘

こんにちは!
2009年も残すところあとわずかとなって参りました。
皆様も慌ただしい日々をお過ごしのことと思います!
本年も、大変お世話になりました。ありがとうございます。
さて皆様、年越しはどのように過ごされる予定でしょうか?
年越しといえば、「除夜の鐘」という事で、本日は、「除夜の鐘」について調べて見ました!
一般的に、除夜の鐘と言えば煩悩の数である「108」回、鐘をつく行事です。
煩悩とは欲望、怒り、愚痴など迷いや苦しみの原因となる心のあり方をいいます。除夜の鐘の音を聞くことによってこの1年のうちに作った罪を懺悔し、罪を作る心を懺悔し、煩悩を除き清らかな心になって新しい年を迎えるのです。
更に、「108」という数字には諸説あるようで、例えば、「四苦八苦」を取り払うという意味で、「四×九+八×九=108」とかけたとも言われているそうです!
除夜の鐘をききながら、今年1年を振り返り、新たな年を迎えるというのも良いと思います!!
遠州の除夜の鐘情報はこちら