体温を上げると健康になる

【体温を上げると健康になる】齋藤真嗣(著)という本があります。
「体温が1度下がると免疫力は30%低下し、体温が1度上がると免疫力は5~6倍
もアップする」と指摘するのは、著者である齋藤医師。
免疫力がこれほどアップするのは、白血球が増えるのではなく、体温の高まり
によって血流が良くなり異物に素早く対応でき、さらに酵素が活性化(37度台
で最も活性化)する事でウィルスや細菌の駆除能力が高まるためだとか。
同書には、風邪をひいたら風呂にゆっくり入って体を温めよとか、微熱で解熱
剤を使うのは本末転倒など、一般常識がひっくり返るような事例が掲載されてます。
「冷えは諸悪の根源。放っておくと深刻な病を引き起こす可能性がある」と警
鐘を鳴らすのは、東京女子医大附属青山自然医療研究所クリニック所長:川嶋
朗 医師。1950年代の日本人の平均体温は36.9度あったが、2009年では36.2度
にまで下がり、特に若年層である20代女性の39%・男性の25%が低体温体質と
言います。
そんな齋藤医師が指摘するのは、ガン細胞は健康な人でも1日約5000個できる
という点。正常なら免疫細胞がガン細胞を攻撃して死滅させますが、体温が1度
下がり免疫力が30%低下すると、1日に約1500個のガン細胞が監視の目をくぐっ
て増殖する可能性があると言います。
さらには、低体温体質はストレスにも弱く、軽い鬱症状と似ているため処方さ
れた抗鬱剤が症状悪化させる事例や、メタボ改善やダイエットとして内臓脂肪
を見た場合、ここは中性脂肪の貯蔵器官だけではなく、人体最大のホルモン生
産器官であり、空腹で就寝(寝る4時間前は食事しない)して、内臓脂肪を燃焼
させることで、ダイエットだけでなく抵抗力が高まると言います。
皆さん自分の平熱を御存知ですか?                        
体温を上昇させるために何をしますか?
熱く燃えて生きましょう!