覚悟に勝る決断なし

先日、プロ野球楽天イーグルスの名誉監督である野村克也氏の講演を聴く機会がありました。
野村氏と言えば、監督時代の輝かしい成績が印象的ですが、選手時代の成績もすばらしく
通算試合出場数歴代一位、通算安打数、本塁打数は球界歴代2位となっています。
講演の内容は、野村氏がプロ野球選手そしてプロ野球監督として成功に至るまでの生い立ちが中心でした。
小さい頃に父を亡くし、看護士であった母が癌を患ってしまい働けなくなった事でご自身も小学1年生の頃から新聞配達をしていたとのことです。バットが買えなかった為、一升瓶に海水を入れ素振りをしていたとのことです。
そんな大変な思いをした時から「絶対プロ野球選手になってお金持ちになるんだ」と強い願望を持ち、日々練習をしてきた結果が、輝かしい成績に繋がったとのことでした。
講演の中で野村氏が言われた「覚悟に勝る決断なし」という言葉がとても印象的でした。物事を決断する時は覚悟を決めて行わなければ成功には至らないという事です。
成功者である野村氏の言葉を真摯に受け止め、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。