遠州鉄道・奥山線

浜松市民にとって、重要な交通手段の一つに遠州鉄道(通称:赤電)があります。
その赤電沿線には当社の賃貸マンションも多く点在しており、非常に人気がありますが、これとは別に一昔前、遠州鉄道・奥山線という軽便鉄道が運行していたのをご存知でしょうか?
image001.jpg
1964年に廃止されてしまったのですが、昔の遠州病院跡地付近から浜松北高校、住吉、幸、曳馬野、三方原を通り、旧引佐町・奥山までを結んでいた鉄道です。
 
その名残が今でも随所に見られます。
image003.jpg
(布橋にある亀山トンネル跡)
image005.png
線路跡地を再整備し歩行者用道路として最近は使われていますが、
風情のある箇所も点在しているので、お時間がある方は線路跡を散策してみるのも
いいかもしれないですね!
 
ちなみに現在、幸町で行なっている賃貸マンションの工事現場は鉄道跡の道路に接道している敷地だったそうです。
廃線の原因は車の普及ということなのですが、線路跡を平行して走る国道257号線(姫街道)は毎日ひどい渋滞になります。
(たら、れば)を言ってはキリがないですが、もし今も残っていれば沿線周辺は現在非常に発展している地域が多いので、浜松市民の重要な交通手段になっていたのではないでしょうか?空洞化がさけばれてる中心市街地の活性化にもつながったかもしれません。
http://hamamatsu.keizai.biz/headline/89/
こういう議論が起こるのであれば、なおさら廃線が名残惜しいです。
いずれにしても、さらなる魅力ある浜松をつくる為に当社も賃貸マンションを供給して参りたいと思います。