相続税改正に伴う影響は?

12月11日に政府税制調査会から2011年度税制改正で、相続税の最高税率を現行の50%から55%に引き上げる方針を固めたと発表がありました。
基礎控除は、定額部分を5,000万円から3,000万円に縮減、相続人数に応じた加算額も1人あたり1,000万円から600万円に縮減をされます。
相続税の最高税率を引き上げ、基礎控除を縮減することで、資産を多く持つ富裕層に負担増を求め、税収増を図る狙いがあるようです。
現在は、約4%と極端に富裕層に偏っている課税対象件数を約6%に増やす狙いもあるようです。
今までギリギリ相続税がかからなかった約2%の方々が2011年度以降は相続税対策に悩まれるかもしれませんね…。
KONOIKEはそんなお悩みを抱える方々のお役に立てる会社です。
2011年度以降もさらなるお悩み解決に向け、日々、頑張っていきます!!