「犇と」

牛が3つで何と読むかご存知ですか?あまりなじみのない漢字ですが。
「思えば犇と胸迫る ――ひとは、独りではない」
これは先日開催された私の母校の同窓会総会で恩師だったT先生が特別講演をされたときのタイトルです。
「笑いとユーモアは長生きの秘訣」医学的にも実証されているようですね。
講演中も笑いと涙がたくさんあり楽しいひとときでした。
感謝する気持ち「ありがとう」を常に心がける。相手の心を開く魔法の言葉だそうです。
当社の経営姿勢も「ありがとうを運ぶKONOIKE」として社員全員が心がけていることです。
この気持ちを忘れずにこれからも前を向いて笑顔で仕事に邁進していきます。
それにしてもジャズシンガー鈴木重子さん、真っ赤なステージ衣装ですてきだったな~!  
合唱部とのコラボ、しばし癒されました。
http://www.at-s.com/news/detail/397730540.html
※犇と(ひしと)三省堂大辞林より抜粋
(1)強く抱いたりつかんだりするさま。しっかりと。
「―だきしめる」「―しがみつく」
(2)強く身に迫るさま。
「寒さが―身にこたえる」「寂しさが―胸にせまる」
(3)床などが押されて鳴るさま。ぎしぎしと。みしみしと。
「ぬばたまの夜はすがらにこの床の―鳴るまで嘆きつるかも/万葉 3270」
(4)ぴったりと密着するさま。
「先帝の御面影―御身に添ひて/平家(灌頂)」
(5)物や人がすきまなく並ぶさま。
「陣頭に馬車―たてたるを/著聞 10」
(6)すべてにわたるさま。完全に。
「―国治まり/愚管 3」
(7)勢いよく打つさま。びしっと。
「―ウツ/日葡」