一陽来復

お客様に柚子を頂きました。

画像 003

 

今年の冬至は12月22日でしたね。
少し過ぎてしまいましたが、ゆず湯をして温まり、この冬の無病息災を祈りたいと思います。
冬至とは一年のうち、最も日照時間が短い日のことですが、暦の上では特に重要視されている節気です。
この日を境に太陽に再び力が蘇ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味の「一陽来復(いちようらいふく)」といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。
つまり皆様が上昇運に転じる日なのですね。
冬至は、今日のクリスマスの起源にもなっているという説もあるみたいです。
この他にも、年末年始は様々な昔からの風習や習慣があると思います。
数多く取り入れたり、実践してみて、運気をいただきながら、今年一年のしめくくりや、より良い新年を迎えることができるといいですね!