遺言の日

4月15日は遺言の日だそうです。
4(ゆ)1(い)5(ご)(ん)という語呂合わせみたいです。
ちょうど今週、浜松市では本年の固定資産税の納税通知書が、所有者の皆様のもとへ配送されています。
これも何かの巡り会わせでしょうか?(;゚д゚)/
ご自身の不動産資産を見直しながら、遺言・相続について考えるよい期間かと思います。
不動産においては一般的に、財産を分割しにくく評価も難しいため、相続トラブルを起こしやすい財産だと言われています。
そこで効果的なのは、あらかじめ財産の分割を意思表示しておく遺言なのです。
最近では相続争いを避けるためにも、相続資産に不動産がある場合は予め遺言書を作成し、引継ぐ先を決めておく方も増えています。
「終活」
「遺心伝心」
などという言葉も世間では言われていますが、今一度ご自身の財産について、どのような形で次世代に引き継ぐのがよいのか、受け取るのがよいのか、を考えてみるきっかけとなればよいかと思います。