空き家の固定資産税

土地の固定資産税には特例があり、土地の上に住宅が建っていれば
更地・・・・1
住宅用地・・・・1/6
となり、大幅な軽減を受けることができます。
これは、人が住んでいてもいなくても軽減を受けることができてしまうのです。
古く朽ち果てた古い住宅が、そのまま放置されているケースは、このことが要因であることもしばしば。
解体費も出して、固定資産税が上がるならそのままにしておこう。となるのは無理もない話で制度的な欠陥であったと思います。
昨年11月に成立した「空き家対策特別措置法」に基づき、本年の税制改正にて危険な空き家を減税の対象から外す方向となる見込みとのこと。
防災、町並みからの観点からも良いニュースであることに違いありませんね。