頑張りましょう

 最近世間では、「やたらに頑張ろうと言わない方が良い」と耳にします。それは「頑張れ頑張れ」と言っても、何をどうするか具体性がないし、ただガムシャラに「頑張ります」では何を頑張るか、分らないと言う意見が多いからです。確かにそのとおりだと思います。たとえば子供に「頑張りなさい」と言って聞かせても、何をどうすればよいか、どこまでやればよいか、検討が付かないし、理解しにくいからです。
 そこでKONOIKEでは【頑張る=決めたことを、決めたとおり、実行すること。】と位置ずけています。「自ら決めたことを、決めたとおり実行すること」これが頑張るということです。ですから頑張るためには、まずどうするか決めなければなりません。
 先日、バルセロナオリンピック柔道71kg級で、金メダルを獲った『古賀稔彦さん』の講演を聞く機会がありました。いろいろ為になるお話(また改めていつか皆さんにお伝えしたいと思います。)を聞かせていただきました。その中で、去年のアテネオリンピックで金メダルを獲った、女子柔道選手『谷本歩実さん』のコーチとしての話がありました。古賀さんは、まずコーチとしての最初の仕事として、谷本選手に「決心させる」ことを決め、彼女に決心することの大切さを切々と訴え、ついに決心させたそうです。アテネオリンピックで金メダルを獲るという決心でしたが、それをまず二人で決めたそうです。決めた以上はもうぶれません。どんな辛い厳しい練習にも耐え、常に金メダルを夢見て、日夜精進したそうです。そして金メダルを獲ったら、テレビの前で二人で抱き合おうと、約束したそうです。結果は皆さんご承知のように素晴らしい試合内容で金メダルを獲りました。大したものです。私も二人が大勢の観衆の中で抱き合うシーンをテレビで見ました。
 私が常に言っているように、人間はやれば出来ます。やらなければ何も出来ません。
やると決めることを、まず第一要件として決めてください。そして、それぞれ個人目標を決め、それぞれの大きな夢に向かって日々努力していただきたいと思っています。    
KONOIKEでは今後の進むべき方針として「社訓」「経営理念」「経営基本方針」
その他やるべきことを決め、 皆さんに発表しています。そして今期の目標、来期の目標、5年後の目標を決めました。その最初の決算が今月三月です。この一ヶ月最後まで有終の美を飾るために皆で頑張りましょう。

素晴らしい未だ見ぬKONOIKEに会う為に今頑張ります