陽はまた昇る

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
今日から新しい年平成25年、西暦2013年が始まりました。
今年1年どうぞよろしくお願い致します。
表題は色々なところで本になったり映画になったりした題名です。
また似た題名で『ヘミングウェイの「日はまた昇る」』もあります。
それぞれ一度は見たり読んだりされていることでしょうが、
一年の始まりに当たり私の『陽はまた昇る』を書かせて頂きます。
ある企業で本当にあった話として知ったことです。
【 ある労働組合と経営者との話し合いの場のことです。
年末賞与の額について中々決着がつかず、とうとう真夜中になってしまいました。
どちらも疲労困憊で困り果てた時、ある組合員が「このままでは埒があかない、このままではお天道様は上がってこないし、来年のお正月もやっては来ない」と不平不満をぶつけました。
すると経営者は答えました。
「それは嘘だ。
絶対にお陽様は上がってくる、残念ながら必ずお正月はやって来る」と。
どんな時も明日は必ずやって来る
いい日になるか、悪い日になるかの違いだ。
いい日にするためにこうして双方で努力をしているんだ。
だからいい日になるようもっと話し合いを続け、お互いが納得できるよう努力をしよう。」
結果は満足するところまでは行きませんでしたが、決着はついたのでした。
そして双方に(全員に)お正月は来たのでした。 】
私はこの話をお正月が来る度に思い出します。
何がどうあろうが必ず『陽はまた昇る』のです。
どんなことがあっても日々努力をして行けば必ず良い日がくるのです。
皆さん『知足最富』という言葉を御存じでしょうか。
最も富んでいる(幸福な)人は、足るを知っている人(小欲な人)です。
知足小欲』とも言われます。
今年は絶対に幸せな年にしましょう。
ここで【何事も思うほどには悪く無い】を紹介します。
この言葉はアメリカの黒人で国務長官や陸軍大将を歴任した「コリン・パウエル氏」が書いた本に載っています。
彼は黒人として初めてアメリカの要職に就いた人で、その後の黒人大統領オバマ氏を生んだ流れを作った人とも言われています。
彼は少し楽観的ではあるが、陸軍兵学校でこう叩き込まれ、その後の人生を大きく左右する言葉であったと述べています。
何事も思うほどには悪く無い。翌朝には状況が改善している筈だ。」
我々には難しすぎる問題などない。我々に乗り越えられない困難など無い。」
こう徹底的に叩き込まれた考え方は、「アメリカ軍人には不可能は無いと教えられ、鍛え上げられた強さ」として現在も続けられています。
私は状況がどれほど厳しい時も自身を失わず、楽観的な考え方を維持するよう心掛けて来ました。
何かに感染し病気になった時も、一晩ゆっくり休めば8時間後には改善している時が多いと実感していました
。」
パウエル氏は楽観主義かもしれないが実際そういう事が多かったと言っています。
今年一年、色々な事がある年であるかもしれませんが、『陽はまた昇る』『知足最富』『何事も思うほどには悪くない』を実感して行きましょう。
   

 『 素晴らしい未だ見ぬKONOIKEに会う為に今頑張ります。 』
以上