「市場環境調査報告書」って何?

こんにちは、営業3課のMです。
先月より「静岡県清水区」の「市場環境調査報告書」を作成しておりました。
KONOIKEのHPにも見本がある、あれです!(是非一回見てみてください)
それでは、市場環境調査報告書とは一体何の為のものなのでしょう?
国語辞典で調べてみました。
【市場】(-調査)…商品の質や量、販売方法、消費者の動向などについておこなう統計的な調査。マーケットリサーチ。
【環境】…そのものを取り巻き、影響をあたえるすべての条件・状態。
…と、いうことでした。
ちなみに、市場環境調査は、調べたいものが何かによって、その内容が変わってきます。
例えば、あるエリアの駐車場の現況について知りたい場合と、アパートやマンションの現況について知りたい場合とでは、調べる対象地も変わってきます。
今回私は清水区の桜ケ丘病院周辺地域のアパート・マンションの現況調査をしました。
これを作ることによって、この地域にはどんなアパート・マンションがあるのか、どの間取りが入居率がいいのか、どの構造が入居率がいいのか、などがわかります。
市場環境調査は、その市場を知るひとつのきっかけとも言えます。
また、お客様のお土地の周辺を調べることによって、お客様のお土地にはどんな土地活用が向いているのか?マンションを建てるとしたらどんな間取りが向いているのか?
ということがわかります。ですから、「土地があるが何をしたらいいのかわからない」という方には、一度市場環境調査を見てみることをお勧めします。
マンションを建てる場合、KONOIKEは「グランストークシステム」で、35年間一括借り上げをするので、35年間入居のある場所に建てることが大切です。もし、その可能性が低いのであれば、私たちはマンションをお勧めしません。
と、いうことで、市場環境調査の目的は?の答えは、上の文章にもあるように、
①どんな地域なのか知るため
②どんな土地活用が向いているのか知るため
③どんなマンションが向いているのか知るため

と、いうことになります。
ちなみに清水区桜ケ丘病院周辺は鉄筋コンクリート・3DKの物件が入居率が良く、軽量鉄骨造・1Kの物件の入居率が悪いという結果でした。この結果だけ見ても、この地域にどんなマンションが向いているのか、わかりますよね。