シャンプードレッサー

ふと、気になったので、調べてみました。
シャンプードレッサー
シャンプードレッサーとは、洗面・先髪・化粧等が出来る機能と収納スペースがついた物を一体化して、
取り外し可能なシャワー式の蛇口が付いた洗面化粧台のことで、TOTOの洗面化粧台の商品名だそうです。
(略して「シャンドレ」)
1980年代半ばより、朝早く起きてシャンプーをしてから通勤・通学する「朝シャン」が若い女性に流行し、
1986年には資生堂から「モーニングフレッシュ」が販売されました。
その他にも、シャンプーが手軽で簡単にできる「スピーディーシャンプー」が発売。
これはリンスインシャンプーのことです。
20~30年前に、手軽で簡単に出来る洗髪が流行したんですね。
そして同時期、シャンプードレッサー、つまり洗面化粧台が誕生したそうです。
今では、TOTO、パナソニック、INAX、サンウェーブ、トステム、ノーリツ、クリナップ等から
様々な洗面化粧台が販売されています。
最近では、シャンプーも「ノンシリコンシャンプー」やパックが出来るもの等、
少し時間をかけて、もみこむようなシャンプーが流行していますね。
人々の生活の変化・意識の変化に対して様々な商品が誕生し、賃貸市場にも影響していきます。
今後はどんな商品が出てくるのか楽しみですね。