1世帯当たり人数減少

こんにちは。今朝、こんなニュースが出ていました。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
石原知事「ショック」 東京都、1世帯あたり1・99人
産経新聞 3月16日(金)0時51分配信
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
東京都の1世帯当たりの構成人数が、2人をきったとのことでした。
つまり、ひとりやふたりで住んでいる世帯が多い、とのことですね。
・・・と、いうことは?
夫婦2人、学生の1人暮らし、社会人の1人暮らし、老人の1人暮らし、親と子の2人暮らし・・・が多いと言うことでしょうか。
ちなみに、東京都の人口は増加しているようです。
「1月1日現在の人口は1268万6067人と前年より3万9322人増えた一方、世帯数も4万4192増え636万8485世帯」ということで、人口も世帯も増加傾向にありますが、「65歳以上の高齢者は263万3325人で、人口比20・76%と過去最高に」なったそうです。
この数字だけを見ると、老人の1人・2人暮らしも増加しているかと思われます。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
東京都では人口も増加しているとのことですが、静岡市ではどうでしょうか?
平成23年1月現在:715,951人/279,322世帯/1家族当たり2.56人
平成24年1月現在:714,122人/281,252世帯/1家族当たり2.53人
昨年から比べると、
人口:1,829人の減少
世帯:1.930世帯の増加
1家族あたりの構成人数は0.03人の減少

ちなみに、平成16年と比較してみましょう。
平成16年1月現在:703,254人/262,860世帯/1家族当たり2.67人
平成16年と平成24年と比較してみると、
人口:10,868人増加
世帯:18,392世帯増加
1家族当たり:0.14人の減少

8年前と比較すると人口、世帯と共に増加しておりますが、1家族当たりの人数は減少しています。今後は更に世帯数が増え、1家族当たりの人数も減少しているのではないでしょうか。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
更に、人口に関する驚くべきニュースがあります。
2060年、日本の総人口は8674万人に減少
(2012.1.30のニュースより。)
今、日本の人口は1億2,800万人程ですが、統計局の将来人口によると、2045年には1億人を切るという推定になっておりました。将来予想の中では2105年までの想定数字が計算されていましたが、2105年には人口は4、400万人となっておりました。
今の3分の1、の人数です。
(参考資料 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成18年12月推計)」)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
人口は減少していく中で、住まいに関する考え方は変わっていくのではないかと思われます。
現在の特徴としては、
 
 ・広いLDKのあるまどりが人気
 ・専有面積が広がっている
ということが挙げられます。
今後は更に1世帯当たりの人数が減っていくと予想されますが、狭いものよりは広いものに住みたいと言う顧客ニーズが広がっていくのではないでしょうか。
さらに付けくわえるとすれば、ただ部屋を造るのではなく、生活動線を考えてちょっとした工夫をしているマンションやアパートに人気が集まっています。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
KONOIKEでは、対象地周辺の市場調査をした上で、入居者のターゲットを決め、そのターゲットに合わせたお部屋作りを考えていきます。また、リノベーションもやっておりますが、実際にリノベーションのお部屋を創る際、また、お部屋完成後に住んで頂いた入居者様に対してアンケートを行い、真のニーズを探っています。
実際に住む人の意見を聞いていかないと、本当に選ばれるお部屋作りは出来ません。
当社は建設から管理、経営まで全てを「KONOIKE Co.株式会社」にて行っています。
「KONOIKE Co.株式会社」の中に「建設部」「不動産部」があります。
双方のクレームや状況確認は常に行い、建築前・建築後の実際のお客様の声を建設も不動産も知ることによって次の一歩へ踏み出せるのではないでしょうか。
勿論、営業も、設計も同じです。
KONOIKE Co.株式会社は、お土地の所有者様、そして入居者様、業者様等、様々なお客様と接する中で「ありがとうをはこぶ」KONOIKEとして今後も邁進していきたいと思います。