暮らしに関する調査

少し前のブログで新婚向けの間取り調査という記事を書かせていただきましたが、
また暮らしに関わる調査結果を見つけましたのでご紹介させていただきます。
こちらです。
アンケート結果から、大きく2点紹介します。
まずは、新しい住まいを選ぶポイントについて。
一番多かったのは部屋の広さでした(男女平均66.2%)。
これは予想通りといった感じがしますが、
ユニークな点は、男女の回答での違いです。
例えば、実家が近くにあるがどうか、です。
これは男性に比べ女性は約倍の数(6.9%に対し12.7%)でした。
あとは防犯面や収納スペースに関して等も男女で開きが確認できました。
2点目は、住みたいと思う地域に関して。
こちらも上位の項目は納得と思いましたが、
これまた男女の回答の差が面白いなと思いました。
全体的に女性の回答の方が数字が上回ってますが、
唯一飲食店が充実しているかどうか、という項目のみ男性の数字が上回りました。
いかがでしょうか。
ここからさらにどういった事が考えられるか深堀りした上で、どうしたら空室改善につながるかを考えて行きたいと思います。
もちろん、当社が大家業として経営しているからには、新築の計画の際(建てる前)に市場調査をする際にも
参考にしたいと思います!