静岡市 ハザードマップ

こんにちは。
静岡市HPにて、「ハザードマップ」が公開されています。
内容は大きく2つです。
◆南海トラフの地震津波情報
内閣府にて公開されている、南海トラフ地震による津波情報等を確認できます。
「津波浸水深」
「津波到達時間」
「海抜」
を確認する事が出来ます。
▼下図は「海抜」を表示したマップです。
海抜

 

自宅周辺の海抜や、会社周辺、駅周辺などの海抜を確認する事が出来ます。
ちなみに私の自宅の周辺は「海抜19m」でした。(清水区です。)
ついでに、少し調べて見ました。<各駅の海抜>
◆JR清水駅・・・海抜2m
◆JR草薙駅・・・海抜18m
◆JR静岡駅・・・海抜16m
◆静鉄新静岡駅・・・海抜20m
◆洪水ハザードマップ
静岡市内の主要河川で増水し、堤防が決壊した場合の浸水シミュレーションです。
河川

 

河川を選択すると、その川付近の浸水に関する情報を見る事が出来ます。

他にも、
「土砂災害に関する情報」(土借災害危険地域など)
「避難に関する情報」(周辺避難場所など)
を調べる事が出来ます。
ちなみに私の家は川の近くにありますが、
・浸水時の想定水深:0~0.5m未満
・土砂災害に関する情報:土石流危険区域、土砂災害警戒区域
に該当していました・・・。
(川があり、山もある場所に住んでいるので・・・)
いつ、何が起こるか分からないですが、自分が住んでいる場所が
どんな場所で、どんな危険があるのか調べておくことは大切です。
ちなみにKONOIKE Co.㈱では、鉄筋コンクリート(RC)造壁式構造を採用しており、地震に対する耐震性が強い建物です。
新築物件も多数ありますので、是非ご覧ください。
入居募集ページ
建設中の工事現場ブログ
マンションの特徴のページ