新建築

新建築」…それは設計や建築に関係している方ならだれもが知る雑誌、なのではないでしょうか。新建築に建物が掲載されると興味のある方は現地まで見に行くようですね。そんな新建築ですが、静岡にある建物が表紙になった時のことをご存じでしょうか。

新建築

2008年11月号。この表紙の建物が、静岡市葵区相生町にある「駿府教会」です。見ての通り、「木」をつかった建物です。(当社は鉄筋コンクリート造が主ですが…笑)

 

駿府教会

 

中は、天気の良い日だと自然光が差し込みとても暖かく、柔らかい印象です。壁も木でつくられておりますが、天井近くの木と木の間から差し込む光が大変綺麗です。お伺いさせて頂いた時は天気の良い日曜日でしたので、特に光が綺麗でした。私はクリスチャンというわけではないので教会の詳しいこと迄はわかりかねますが、毎週日曜日は礼拝をしており、誰でも気軽に入れるのだそうです。(この日は礼拝が終わっていました。ちなみに京都から女性の設計士さんも見学に訪れていました。)

 

設計したのは、西沢大良建築設計事務所の西沢大良さんだそうです。教会の方にお話を伺うと、西沢さまのお母様と、駿府教会の牧師のお母様が大親友だったそうで、この教会の建築が実現したんだそうです。素敵ないきさつですね。

 

この駿府教会は静岡鉄道 音羽町駅のすぐ近くにあります。音羽町駅から歩いてすぐの所にあります。ちなみに音羽町駅と言えば…そうです、完成したばかりの当社設計施工&管理の新築賃貸マンション「ベルフォーレ音羽」のすぐ近くです。近くには清水山公園という土日は親子連れでにぎわう素敵な公園もあります。そしてこの清水山公園の隣にある清水寺は、観音堂は県有形文化財、鉄筋本堂、木造の鐘楼、庫裏は国の登録有形文化財に指定されているという古くからの伝統あるお寺です。

 

音羽町駅周辺には素敵な場所が沢山あります。ぜひベルフォーレ音羽にも遊びに来てくださいね。

ベルフォーレ音羽の募集内容は >>こちら<< Click!