オーナー旅行*2017年

皆様こんにちは!

KONOIKE社員のIです。

20171014()15()でオーナー様と12日の旅行に行ってまいりました。

私は今回初めての参加でした!

そんな私の初参加のオーナー旅行は、記念すべき10回目!

行き先は、『癒しの小豆島 と 世界遺産 姫路城』

 

1日目。

早朝、浜松駅に集合し、バスに乗り込み出発です。

サービスエリアで少しずつ休憩を取りながら、お昼ご飯の場所、『姫路 灘菊酒造』に向かいます。

バスの中では、旅行先であります、『姫路』と『小豆島』に関するクイズ大会の開催です。

オーナー様のご挨拶、ご紹介を兼ねまして、1組様ずつにお答え頂きました。

なかなか頭を悩ませるクイズで、オーナーの皆様も盛り上がってくださいました。

 

クイズを終え、『姫路 灘菊酒造』に到着です。

日本酒で乾杯をし、酒粕を使ったお料理を美味しく頂きました。

お食事の後はお土産屋さんでお買い物。

さすが酒造、日本酒が豊富でどれにしようか迷ってしまう程でした。

甘酒ソフトというソフトクリームもあり、ほとんどのオーナー様が購入していたのでは

ないかなと思います。

私も頂きましたが、酒粕の風味があり、程よい甘さで、とても美味しかったです。

 

次に向かうのは『小豆島』。

姫路港からフェリーに乗り込み、『小豆島』へと向かいます。

フェリー内では、デッキで風や景色を楽しんでいる方、小豆島に向けて体力を温存されている方、

オーナー様同士でお話しを楽しまれている方、皆様が思い思いに過ごしていました。

波に揺られること1時間半。

癒しの島、小豆島に到着です。

小豆島の名産はなんといっても”オリーブ”!!

ということで、小豆島の観光地、『オリーブ公園』に出発です。

 

公園には約2000本のオリーブの木があり、瀬戸内海を見下ろす小高い丘には白いギリシャ風車。

 

思わず写真を撮りたくなるような、お洒落な景色と長閑な雰囲気でした。

オリーブ公園には、実写版”魔女の宅急便”で実際に使われたパン屋さんがあります。

魔女のほうきの貸し出しもしており、誰でも魔女になれちゃうんです!

私たち社員、全力で魔女になりました。

 

最近流行の“インスタ映え”な写真が撮れますね!

 

お土産屋さんでは、オリーブオイルはもちろん、オリーブの化粧品や、オリーブのお菓子など

様々なものがありました。

さすが、オリーブの国内収穫量96%を担っているだけありますね!

実はこのオリーブ、有名なのは実だけではないのです。

皆様、マラソン大会などで優勝者に贈られる葉っぱでできた冠、ご存知ですか?

これ実は、オリーブの葉っぱで出来ているものもあるんです!

そしてなんと全てが手作り!

2020年の東京オリンピックでも、このオリーブ冠を使ってもらおうと、島内の方たちが

頑張っているそうです。

 

オリーブ公園を堪能した後は、今回泊まるホテルに到着です。

ホテルの目の前には『エンジェルロード』という、人気スポットがありました。

潮の満ち干きで、お隣の余島までの道が現れたり消えたりするんです。

この現象、なんというか知っていますか?

”トンボロ現象”というらしく、小豆島ではこのトンボロ現象が2ヶ所で見られるので

とても珍しいそうです。

その1ヶ所であるエンジェルロードは、引き潮の時に道が現れ、

「大切な人と手を繋いで渡ると、願いが叶う」というロマンティックな場所でした。

私たちが滞在していた時間では、エンジェルロードが現れるのが深夜の2時から…

朝もしかしたら少しは見れるんじゃないかという期待を胸に、まったく道の出ていない

エンジェルロードを間近で見てきました()

夕食まで少し時間があったので、散策ついでです。

ちらほらとオーナー様の姿もあり、お見かけしなかったオーナー様は温泉を楽しんでいたようです。

 

さて、お待ちかねの夕食です!

お品書きをご紹介します。

 

*食前酒

小豆島で採れたすもものワイン

 

*小鉢

本日の一品 ~お豆腐~

 

*御造里

旬魚五種盛り合わせ ~島醤油三種味比べ~

 

*煮物

瀬戸内鰤の艶煮 ~島野菜色々付け合わせ~

 

*焼物八寸

鮑のひしお和え ~瀬戸内魚の切り身焼き 珍味 鳴門金時胡麻ポテト 他色々~

 

*鍋物

※写真撮り忘れました(汗)※

瀬戸の山海鍋 ~島味噌仕立て~

 

*台の物

※お料理に夢中で…(汗)※

讃岐三畜焼き・すき焼き風 ~地卵付~

 

*酢の物

瀬戸内魚のオリーブみぞれ和え ~いくら 蛇腹胡瓜 レモン~

 

*麺物

※ついするするっと食べきってしまいました…(汗)※

小豆島名物手延べ半生そうめん ~薬味 美味出汁~

 

*御飯物

佃煮ちらし 青菜巻き ~刻み穴子 酢取り生姜~

 

*止め椀

浅利のお吸い物 ~鳴門若布 刻み葱~

 

*水菓子

自家製醤油プリンと果物

 

お料理はどれもおいしく、小豆島の名産を頂けて嬉しかったです。

四国のお酒も頂いて満足でした。

 

そしてこの夕食中、弊社スタッフのM&Sによる余興を1つ、披露させて頂きました!

カホンというペルーの楽器と、篠笛という日本の楽器の珍しいコラボで演奏をしました。

オーナーの皆様、我が子を見守るような、とても温かい目で見てくださり、楽しんで頂けた様子で、

弊社スタッフ一同、ホッと胸を撫で下ろしました。

 

夕食の時間が終わり、ラウンジでお酒とカラオケを楽しむ方、もう一度温泉に入る方、

明日に備えて早めの就寝に付く方、それぞれ夜を満喫し、旅行1日目を終えました。

 

**********

 

旅行であったことを思い返しながら書いているので、ついつい楽しくなってしまいました。

書いていて自分でも驚きましたが、少し長くなってしまったので…

本日はこのくらいにして、オーナー旅行2日目のブログを次回更新したいと思います!

 

ぜひ次回も読んでくださると嬉しいです!

 

*****

更新しました。

続きブログ、是非ご一読ください。

オーナー旅行*2日目