安全大会

平成30年6月12日に、浜松商工会議所にて、安全大会を開催しました。

 

 

今回初めて司会を務めさせていただきました。

ご参加くださいました大勢の方を前にすると、緊張から動悸が激しくなりました。

無事に終了することが出来て、本当にホッとしております。

 

 

今年の記念講演では、 【知ろう 自分のカラダ】 というテーマで、

浜松市中区健康づくり課に在籍している、中区担当の保健師の方に講演をして頂きました。

“隠れメタボ”という言葉がありますが、メタボリックシンドロームじゃなくても色々な注意が必要で、放っておくと…着実に体に悪い影響をおよぼし、日常生活が不自由になったり、生命の危険が出てきたりすることもあるそうです。

実際に健診の結果が少し悪かっただけで放っておいた人の話を聞いていると、少し怖くなりました。

また、喫煙がメタボを悪化させるという話は、会場でも多くの方がドキッ!としたのではないでしょうか。

ウエストサイズではなく、おへその高さの腹囲を測定することでメタボか判定できるそうなので、普段から体重だけでなく、測定する習慣を身につけていきたいと思います。

 

 

安全表彰、安全標語表彰もいたしました。

昨年以上の標語を多数応募していただき、心より感謝しております。

では、今年度の安全標語の最優秀賞作品をご紹介します。

「安全も1日1日の 積み重ね

70周年を ゼロ災害で 迎えよう

いままでも これからも

ありがとうをはこぶ KONOIKE」

こちらの標語を各部署に貼り、70周年に向けて、また一年、安全意識をもって、無事故無災害で過ごせるよう、気を引き締めて業務を行っていきたいと思います!

 

 

大会の最後には、参加者全員で本年度の全国安全週間のスローガン、

「新たな視点でみつめる職場

創意と工夫で安全管理

惜しまぬ努力で築くゼロ災」

を唱和し、閉幕となりました。

 

 

ご参加頂きました皆様、お忙しい中誠にありがとうございました。