Solar Sharing農地に最適なソーラーシェアリング

太陽光発電と農地で分け合うことからソーラーシェアリングと呼びます。

農業をしながら発電もできます
作物の生育にも影響ありません

ソーラーシェアリング|イメージ

耕作地に地上3m〜3.5mの位置にスリット状の架台を設置し、幅40cmほどの短冊状のソーラーパネルを並べ、農業を営みながら太陽光発電を行う仕組みのことです。
作物にとって一定以上の太陽光は光合成に利用されず(光飽和点)、逆に強い光は作物にストレスを与えます。ソーラーシェアリングではパネルの遮光率は30%程度で、下部で育てる作物に支障がないように考えられています。

メリット

  • 下部で耕作、上部で発電のハイブリッド農業が可能
  • 安定した発電収入が得られる
  • 安定収入により後継者が農業を継続できる
  • ソーラーシェアリングと共に営農を再開させることで耕作放棄地の解消に繋がる

デメリット

  • 3年に一度の農地の一時転用許可の更新
  • 初期費用がかかる
  • 営農が前提であるため、下部で農業を行わない場合は設置不可
  • 融資のハードル

ソーラーシェアリング協会正会員

KONOIKEは一般財団法人ソーラーシェアリング協会の正会員です。安心してご相談ください。

一般財団法人ソーラーシェアリング協会

導入にあたってのご注意

架台の支柱部分を転用とみなし農業委員会の許可無しでは導入不可です。
転用は一時転用扱いとして導入計画により許可され、3年ごとに審査し見直しが行われます。

営農の継続が担保されるとともに、作物の生産に支障がない遮光率で耕作機械の利用可能な空間が確保されている事が必要です。
また、柱は簡易な構造で、技術的、経済的に撤去が担保された計画である事が条件となります。