成長の秘密は「社員の幸せ」

 表題は平成21年5月25日発行の【日経ビジネス】「ひと劇場」に掲載された『伊那食品工業会長 塚越寛(つかこしひろし)氏』を紹介する言葉です。世界的な大不況の中、米国型の経営手法に対する反省が多方面から湧き上がっている今日、KONOIKEの経営理念にも通じるこの考え方に私自身大いに共感しました。今回は【日経ビジネス】の文章を私なりに抜粋して『伊那食品工業』を紹介させていただきます。
 《 長野県伊那市にある従業員400人、売上高200億円に満たない寒天メーカーが、注目を浴びている。「かんてんパパ」ブランドで知られる伊那食品工業である。最近だけでも、6つのテレビ番組から取材の申し込みがあった。雑誌、新聞からの依頼も多く、とても対応しきれないという。マスコミだけでなく、大手・有名企業から「視察させてほしい」という要望も、多数寄せられている。地方の一企業に過ぎないこの会社がなぜここまで注目されるか。その理由を知るには同社の経営方針を読んでみれば良い。
人件費はコストではない。だからリストラはしない。
社員が安心して働けるように、年功序列制度を守る。成果主義、能力給は導入しない。
急成長は必ずしも善ではない。低成長でも末広がりの「年輪経営」を目指す。
売上や利益は目的ではなく、企業経営の手段に過ぎない。企業の成長とは、去年より今年、今年より来年と、社員が幸せや豊かさを感じられるようになること。
創業から半世紀の間、実質的に経営のリーダーシップを取ってきた塚越会長の企業観は明快だ。「会社は社員を幸せにするためにある。当たり前のことです」もちろん企業である以上、社員の幸せが会社の利益につながっていなければ意味がない。この会社は1958年の創業以来、長期にわたって堅調に増収増益を続けて来た。塚越会長は言う。
「業績が悪くなると、すぐに賃金カットやリストラに走る会社もありますが、目的と手段を取り違えているのではないでしょうか。」「リストラして利益を出そうとするくらいなら、社員を守って利益をなくしたほうがいい。」「利益はウンチです。健康な人は自然に良いウンチが出るでしょう。それと同じで、健康な企業からは利益が出るものだと思っています。利益は企業の健康さの結果です。」抽象的な物言いだが、会社が健康になるよう経営を心掛けていれば、利益は自然とついてくるということらしい。では健康な会社とは何か。「バランスがとれているということです。」商売がうまいだけではなく、社会貢献やメセナ活動を行う。強さだけでなく、優しさや思いやりを持つ。「社員を安い給料でこき使い、社内はギスギスして仕入れ先にも無理強いし、必要なメンテナンスや設備投資もしない。それで最高益を出したからって、いいわけありません。」「企業にとって大事なのは、大きくなることではない。永続することです</strong>。」「近頃、社員に優しい経営と言われるけど、それが目標かと言われれば、ちょっと違います。やはり、会社の価値は永続することにあると思います。永続するために、社員を大切にする。永続するために、仕入れ先を大切にする。永続するために研究開発をする。永続するために社会貢献をする。」リストラをするような会社や、仕入れ先をいじめるような会社は、社内外の人から嫌われる。その会社を嫌う人が増えていくようでは、永続はできない。逆にその会社が好きになる人が増えれば永続できる。それでもこんな疑問は出るかもしれない。社員に優しいだけで、ノルマも課さず、成果主義も採用せず、果たして社員のモチベーションは上がるのだろうかと。会長はきっぱりと言う。「今日より明日が幸せになれると感じられることが、最大のモチベーションアップにつながる。」そしてそう断言した後、最後にしみじみと続けた。「社員や仕入れ先を大切にするとか、地域貢献とかメセナとか、外からは甘いと言われそうな経営でも、十分成り立つことを証明することが、私にとっての挑戦なんです。」 》
 KONOIKEの社長として常日頃思考して来たことを、実践していらっしゃる塚越会長に心からの敬意を感じると共に、自分自身の一層の奮起を決心したところです。

素晴らしい未だ見ぬKONOIKEに会う為に今頑張ります