残暑でも働きもの

まだまだ残暑が続きエアコンが手放せない季節がつづきますね。

今年の夏はコロナウイルスの影響で一日中エアコンを運転させていた方も多いのではないでしょうか。

そんなエアコンのフィルターの掃除はこまめにやっていますか?

フィルターが汚れているということは、それだけエアコンの空気の流れを止めてしまっているということです。

汚れを放置するとエアコンの消費電力、寿命に悪影響を与えてしまいます。

フィルターの掃除をすれば部屋が涼むまでの時間も短くなるなど良いことがたくさんあるので久しぶりにお掃除してみてはいかがでしょうか。

 

 

簡単なエアコンフィルターのお掃除方法

 

フィルターを取り外す際、経年劣化で前面パネルの爪が破損する可能性があるので慎重に行ってください。またフィルターを取り外す際ポロポロとホコリが落ちることがあるので新聞紙などを足元に広げるなどをしておくことをおすすめします。

取り外したフィルターにホコリが沢山ついている場合は、ヘッドを取り外した掃除機で吸い取ります。

これだけでも見た目は綺麗にはなりますが、しっかり水洗いしましょう。

洗面台だとサイズも大きくやりにくいので、庭先で洗うか、共同住宅にお住まいの方はお風呂場で洗うのが良いでしょう。

水で汚れを流し、使い古した歯ブラシなどで網や枠を綺麗にします。

水洗いした後はしっかりと乾燥させてください。

 

ちなみに、エアコンは消す前に30分ほど送風モードにすることでカビの発生を防ぐことが出来ます。エアコンのカビって結構すごいんですよ。

 

是非お試し下さい。