干支に関するエトセトラ

皆様、こんにちは。

 

早いもので2020年も終わりに近づいています。

今年は、1年間新型コロナウイルスに振り回される年となりました。

来年には終息し、良い方向に進んでいくのを願っております。

 

さて、年末ということもあり、来年の年賀状の準備を進めなければなりませんね。

今年は「子年」であった為、来年は「丑年」です。

一般的にはこの「子」や「丑」等の十二支の事を干支と呼ぶことがありますが、

厳密には違うと言うことをご存知でしたか?

 

干支とは、「十干」と「十二支」を合わせたものを干支(“えと”又は“かんし”)と呼びます。

1012の最小公倍数が「60」なので、60回で一周します。

つまり、同じ干支が回ってくるのは60年後になりますね。

ちなみに2020年の干支は「庚子(かのえね)」。

来年2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」です。

 

また、十干・十二支にはそれぞれ意味があり、干支の意味でその年の情勢を見るという

占い的な観点もあるようですね。

来年はどんな年になるのでしょうか?

気になる方は、検索してみましょう!